カレンダー

2020年
5月31日(日)
11:41

トピックス

県住田整備事務所 昭和橋の架け替え、仮橋完成後、現橋解体へ 気仙川、大股川の改修推進
 県沿岸広域振興局土木部大船渡土木センター住田整備事務所では、住田町内を流れる気仙川と、上流の大股川で河川改修事業を推進している。気仙川では、改修に伴い昭和橋(同町世田米地内)の架け替えも計画。架け替え事業では、今後、仮設の歩道橋(車両は周辺の橋梁を利用)が完成次第、現橋の解体工事 ・・・
岩泉町 安家の複合施設が完成 命を守る地域拠点に
北上市地域貢献活動企業功績賞を表彰 功績賞に柴田工務所など 北上地区電気工事業協組や新江建設が功績継続賞

短信

日時 タイトル 概要
2020-05-29
水中点検ロボットの技術公募を開始
 国土交通省は、「水中点検ロボットを使用したコンクリート堤体の水中点検技術」を6月19日まで公募している。選定された技術は、10~11月に大渡ダム(高知県)で現場実証を行う。
2020-05-29
菊与建設の社長交代
 ㈱菊与建設(北上市)の代表取締役に菊池栄幸氏、取締役会長に前代表取締役の菊池和夫氏がそれぞれ就任した。
2020-05-29
全圧連 登録基幹技能者講習を中止
 全国コンクリート圧送事業団体連合会は、8月に富士教育訓練センターで予定していた2020年度の登録コンクリート圧送基幹技能者講習を中止する。詳細は対象者に個別に連絡する。
2020-05-28
循環のみち下水道賞の公募開始
 国土交通省は、下水道事業における新技術の活用、長寿命化対策、防災・減災対策を表彰する「循環のみち下水道賞」を6月26日まで公募している。地方自治体、民間事業者、教育機関などからの応募を受け付ける。
2020-05-26
土木広報大賞 7月31日まで受け付け
 噂の土木応援チームデミーとマツは、「デミーとマツの土木広報大賞」を創設。6月1日から7月31日まで応募を受け付けている。詳細はホームページ(https://doboku.wixsite.com/index)に掲載している。
2020-05-21
エクステリアスタイル募集開始
 YKK APは、「エクステリアスタイル大賞2020」の作品を7月31日まで募集している。応募・詳細は同社ホームページ(http://www.ykkap.co.jp/info/ex_contest)から。
2020-05-21
臨時休校 6月下旬まで延長
 全国建設産業教育訓練協会は、富士教育訓練センターの臨時休校を6月下旬まで延長する。
2020-05-19
労働保険の年度更新期間 8月31日まで延長
 厚生労働省は、例年7月10日までの労働保険の年度更新を8月31日まで延長する。詳細は同省ホームページに掲載している。
2020-05-18
建設業経理士検定 6月16日まで申込受付
 建設業振興基金は、第27回建設業経理士検定試験を9月13日に実施する。6月16日までインターネット、郵送で申し込みを受け付けている。詳細は同基金ホームページ(https://www.keiri-kentei.jp/exam/index.html)に掲載している。
2020-05-18
県健康いわて21プラン推進委員を募集
 県健康いわて21プラン推進協議会は、県民の意見を反映させるため一般県民を対象に公募委員枠を設けており、1人を募集中。6月22日まで事務局に必要書類を提出すること。任期は2年。問い合わせは県保健福祉部健康国保課まで。
2020-05-14
持続化給付金 盛岡市の農林会館に開設
 経済産業省は、「持続化給付金」についての事務手続きを手助けする「申請サポート会場」を各都道府県に設置。岩手県では盛岡市の農林会館に5月14日から開設している。会場を利用する場合は電話(0570-077-866)の自動電話予約のほか、給付金ホームページ(https://www.jizokuka-kyufu.jp)から事前予約が必要。
2020-05-14
漁港の公共工事 発注者支援機関認定へ
 水産庁は、水産関係公共工事の発注者支援機関を認定・公表する制度を創設する。認定を希望する機関を5月15日から6月15日まで受け付ける。募集要項については同庁ホームページ(https://wwww.jfa.maff.go.jp/j/press/seibi/200508.html)からダウンロードできる。
2020-05-14
下水道技術検定・管理技術認定 実施要項をHPに掲載
 日本下水道事業団は、第46回下水道技術検定と第34回下水道管理技術認定試験を11月8日に実施する。6月22日から7月15日まで電子申請か書面申請で受け付ける。必要書類のダウンロードなどはホームページhttps:www.jswa.go.jp/gijutsu_nintei/kentei_nintei.html から行う。
2020-05-14
全生連 発表論文などを募集
 全国生コンクリート工業組合連合会は、第21回生コン技術大会での論文発表と改善事例報告について、5月29日まで事前申し込みを受け付けている。本申し込みは9月11日まで。申込先は全生連第21回生コン技術大会運営委員会(電話03-3553-7231)へ。
2020-05-13
舗装施工管理試験を中止
 日本道路建設業協会は、2020年度の1・2級舗装施工管理技術者資格試験と舗装診断士資格試験を中止する。いずれも6月28日に試験を予定していた。
2020-05-12
空間情報総括監理技術者試験 7月1日から願書受け付け
 日本測量協会は、2020年度「空間情報総括監理技術者」資格認定試験の筆記試験を9月26日に東京都で実施する。受験願書は7月1日~31日までと、問い合わせは同協会測量継続教育センター測量技術教育部(電話03-5684-3357)で受け付ける。
2020-05-01
国交省 技術検定を中止・延期
 国土交通省は、20年度技術検定を中止・延期すると発表した。1級技術検定の延期後の日程決定後、各試験実施機関のホームページ上で公表する。中止する2級技術検定の前期試験については、受験を取りやめる場合は受験料を返金する。
2020-04-30
マンション再生に向け長寿命化モデルを公募
 国土交通省は、老朽化したマンションの長寿命化改修や建て替えに対する「マンションストック長寿命化等モデル事業」の支援事業者を6月30日まで公募、7月中に採択事業を公表する。
2020-04-30
TREND-ONE ver.4を5月26日にリリース
 福井コンピュータは、3次元計測機能を強化した測量CADシステム「TREND-ONE ver.4」を5月26日にリリースする。詳細問い合わせは同社営業部営業推進課(電話0776-67-8860)まで。
2020-04-27
第二種電気工事士 5月31日の試験を中止
 電気技術者試験センターは、5月31日に予定していた第二種電気工事士上記筆記試験試験を中止する。上期試験への申し込みは下期に自動的に振り替える。受験を取りやめる場合は別途、受験手数料の返金手続きが必要になるが、詳細は今後公表する。
2020-04-27
海洋工事災害防止の標語を募集
 日本建設業連合会安全委員会海洋安全部会は、海洋工事の安全対策のポスターなどに活用するための標語を6月7日まで募集している。電子メールかFAX、郵便はがきのいずれかで応募する。問い合わせは・応募先は同部会事務局(電話03-3551-8812、FAX03-3551-0494、Eメールanzen@nikkenren.or.jp)まで。
2020-04-24
セメント・コンクリート論文を募集
 セメント協会は、セメント・コンクリート論文集に掲載する論文の募集を5月29日まで受け付けている。投稿の要領や申込書は同協会のホームページ(http://www.jcassoc.or.jp/)からダウンロードできる。
2020-04-20
平和圧送が改組
 ㈲平和圧送は有限会社から株式会社に改組したほか、㈲釜石圧送を6月1日付で吸収合併する。
2020-04-02
施工上の工夫・改善、事業提案事例を募集
 全国建設業協会は、傘下の会員企業を対象に2020年度の「建設工事の施工上の工夫・改善、事業提案事例」を6月30日まで募集している。募集は「土木」「建築」「環境・その他」の3分野。募集要領や応募書類はホームページ(http://www.zenken-net.or.jp/)からダウンロードできる。
2020-03-30
工事日報入力システム試行業者を募集
 国土交通省国土技術政策総合研究所は、技術者・技能者ごとの日報を簡易に作成できる「工事日報入力システム」の試行版を開発。5月29日まで試行版を活用する建設業者を募集している。
2020-03-26
錦秋湖フォト&空撮動画コンテスト開催
 湯田ダムビジョン推進協議会は、第4回錦秋湖フォト&空撮動画コンテストを開催する。応募期間は4月1日から6月30日まで。問い合わせは、同協議会(電話0197-74-2011)まで。
2020-03-18
ボイラー技士など8職種 岩手地区で出張試験
 東北安全衛生技術センターは、8月29日に岩手地区で労働安全衛生法に基づく第1回出張特別試験を実施する。試験は一級ボイラー技士など8職種。試験会場は滝沢市の岩手産業文化センター(アピオ)。受験申し込み受け付けは7月10日まで。問い合わせは同センター(電話0223-23-3181)へ。
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー