カレンダー

2020年
4月4日(土)
07:44

トピックス

岩手町20年度当初予算 一般会計は5.9%増の83億円 ホッケー場人工芝の張替推進
 岩手町の2020年度一般会計当初予算の総額は、前年度当初比(以下同)5.9%増の83億70万6000円となった。普通建設事業費は、15.0%増の15億6746万9000円。町ホッケー場人工芝の張り替えなどを推進していく。
 歳入を見ると、0.8%減の15億1544万8000円。地方交付税が5.1%増の32億3169万4000円、国庫支出金が0.2%増の7億539万4000円、県支出金は8.0%減の4億7737万9000円。町債は13億2232万8000円で、2億2973万8000円増と約2割の増となっている。
 歳出では、性質別で見ると、投資的経費は15.0%増の15億6766万9000円。このうち、普通建設事業費は約2億円増の15億6746万9000円。学校施設における大規模改修などにより、増額となった。内訳は、補助事業費が34.2%減の3億610万1000円、単独事業費が40.5%増の12億6136万8000円となっている。災害復旧事業費は、同額の20万円。
 目的別では、総務費が2億2316万3000円増の12億7415万9000円、教育費が1億7571万6000円増の12億3940万5000円。土木費も5969万4000円増と増えている。一方で、消防費は2割の減。労働費や衛生費なども減となっている。
 主な事業を見ると、道路関連では雪浦線道路改良事業に1億2000万円を配分。橋梁下部工事や測量設計業務などを予定。沼宮内一方井線道路改良事業には5024万円を盛り込み、改良工に係る仮設道路整備(仮設橋梁)工事などを予定している。
 土滝線道路防災対策事業には、3000万円を措置。法面防災対策工に伴う仮設道路(橋)撤去工事と仮設道路(橋)復旧工事を予定している。境田支線1号改良事業には2000万円を予算化し、測量設計と用地測量業務などを予定。尾呂部朽木林線道路改良事業には1000万円を配分。測量設計業務に取り組むとしている。
 橋梁維持事業には、8700万円を計上。設計業務や橋梁補修工事などを予定。町営舘住宅下水道接続事業には3785万7000円を盛り込んでいる。
 総合運動公園施設整備事業には、1億9720万1000円を配分。町ホッケー場人工芝の張替工事を引き続き推進。ほか、野球場と柔剣道場のトイレ洋式化工事も計画している。
 学校施設関係を見ると、小学校の学校施設整備事業には1億6590万7000円、中学校の学校施設整備事業には1058万7000円を予算化。沼宮内小体育館の大規模改修工事や一方井小の特別支援教室増築工事、沼宮内中での給水管の改修工事などを予定している。
 ほか、勤労青少年ホーム施設改修事業に4090万円を計上。勤労青少年ホーム長寿命化工事(第2期)を予定。開発センター長寿命化改修事業には3929万2000円を盛り込んでいる。
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー