カレンダー

2021年
4月19日(月)
08:12

トピックス

県南広域振興局土木部2021年度主要事業 新小谷橋は5月供用へ 藤里や永沢の歩道設置推進
 県南広域振興局土木部の21年度事業を見ると、復興支援道路として整備を進める国道397号の新小谷木橋について、5月の供用を目指している。奥州市江刺梁川の一般県道玉里梁川線は用地関係、国道107号の梁川~口内工区は事業完了を見込む。道路環境部門では、奥州市江刺藤里の一般県道岩明岩谷堂線や金ケ崎町永沢の一般県道胆沢金ケ崎線の歩道設置を推進するほか、国の3次補正の関係で、各路線での舗装補修などを計画。河川は、奥州市江刺次丸の一級河川人首川の改修などを展開していく。県営内匠田アパートのリフレッシュ工事は、21年度に1号棟への着手を見込む。(21年度の事業計画は、年度当初段階での見通し)
バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー バナー